害虫に注意

蜂の中でも特に危険性が高い種として有名なのがキイロスズメバチです。その針に刺されると単純に非常に強い痛みを覚えることになるのはもちろんのこと、その毒による作用の結果としてアナフェラキシーショックという症状が引き起こされる可能性が高くあります。この症状は最悪、死を伴う危険性もある症状となっているため、安易にキイロスズメバチの駆除をしようとしたりせず、その巣の駆除さぎょうにあたっては、専門家へと依頼をするのがオススメとなってます。これは、蜂が人間を攻撃してくれる可能性が最も高まるのは、巣を攻撃しようとした際となっているためでもあります。特にキイロスズメバチは巣に近づくだけも危険であるため、不用意に巣に手を出さないようにするといいでしょう。

駆除の依頼を行う業者を決めるにあたっては、それぞれの居住している自治体の害虫駆除を請け負っている部署に相談をするのもオススメです。蜂の中でも危険性が高いキイロスズメバチに関しては相談を受け付けてくれている自治体が多くなっており、大抵の自治体では、信頼できる害虫業者を紹介してもらうことが可能となっています。またこの依頼に当たって、一部の代金を負担する補助金を出してくれている自治体もあるため、そいった制度を活用できる際には、積極的に活用するといいでしょう。またどうしても自分で駆除したいといった際に、防護服を貸し出してくれている自治体もあるため、無防備な状態で駆除作業を行うよりは、ずっと安全に作業に掛かる事も可能となります。